威尼斯赌博游戏_手机赌钱游戏-投注|官网

图片

グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



松森奈津子准教授が論壇誌『アステイオン』において本県の羽衣伝説を日本、世界の異人論と比較考察


ホーム >  ニュース >  松森奈津子准教授が論壇誌『アステイオン』において本県の羽衣伝説を日本、世界の異人論と比較考察

国際関係学部の松森奈津子准教授による論考「異人歓待と羽衣伝説―ホスピタリティの系譜学における日本」が掲載された論壇誌『アステイオン』第96号が刊行されました(ISSN 4484222103)。『アステイオン』は、サントリー文化財団が編集を行い、CCCメディアハウスから出版している「アカデミズムとジャーナリズムをつなぐ『鋭く感じ、柔らかく考える』論壇誌」です。

松森准教授は本論考で、近年各国で台頭している、マイノリティ、移民、外国人に対する排外主義に着目し、「われわれ」と「かれら」をめぐる諸問題を古来の「ホスピタリティ(歓待)」と「プロパティ(所有権)」の緊張関係から再考しています。その際、三保松原と富士山を二大拠点とする本県の羽衣伝説を、洋の東西の区別を超えたホスピタリティの系譜学に位置づけ、国内(京都府、滋賀県、沖縄県)、国外(北方圏、南方圏、中央圏)双方の天女、白鳥伝説と比較検討しています。そして最後に、難民や亡命者とより豊かになるための移民を同じように受け入れるべきか、また受け入れ後、国民と同程度の市民的義務を果たせない人々に対してどこまで権利を付与するのかといった問題に対処するには、普遍的な概念を政策レベルで再構築するという地道で困難な作業が必要になると結んでいます。
◎『アステイオン』第96号の詳細情報(外部リンク:CCCメディアハウス)

『アステイオン』第96号


◎松森准教授の執筆した『アステイオン』バックナンバー(外部リンク:同上)

「生存、安全から幸福、歓待へ」
(第91号、2019年『可能性としての未来―100年後の日本』)

https://www.newsweekjapan.jp/asteion/magazine/vol091/


「経済危機と制度改革――『民主化後』を模索するスペイン」
(第77号、2012年『特集:それでも民主主義』)

https://www.newsweekjapan.jp/asteion/magazine/vol077/


(2022年5月23日)

モバイル表示

PC表示